上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
今、私たちはほとんどの人が普通に生活できていると思います。


国が独立して存在し、人権も尊重されていることは当たり前のようですが、とても有難いことです。


インド独立の父、ガンジーの言葉です。

「束縛があるからこそ私は飛べるのだ
悲しみがあるからこそ高く舞い上がれるのだ
逆境があるからこそ私は走れるのだ
涙があるからこそ私は前に進めるのだ」



ガンジーと比べたらなんか畏れ多いですが、逆境があるからこそ私たちは成長できるのです。

逆境に感謝です。
スポンサーサイト
line
「自分に失望してもまた前向きになれる言葉」について。


まず「自分に失望する」ということは、

・できると思ってたのに、自分の実力が思うより無かった
・不運続きで落ち込んでいる
・自分らしくない言動により自分自身いやになっている

こんな所でしょうか?



私が尊敬する中村天風さんは「現在与えられた状況をありのままに受け入れることが大切」だと言っています。


ありのままを受け入れず、あれが欲しい、これがこうならばとか色々と考えてしまう事が執着心を強めてしまい、現在の幸せを忘れてしまう事になります。


修行時代の中村天風さんは病で死ぬ一歩手前の状態となり、師に「自分は不幸だ」と言った時に、こう反論されます。


「おい、よく考えろ、もっと奥を。苦しい病に虐げられながらも死なずに生きているじゃないか。その生きているという荘厳な事実を、なぜ本当に幸せだと思わないのだ。苦しいとか、情けないとか思えるのも、生きていればこそではないか。」
―中村天風「運命を拓く」より



生きていたら、良いこともあり悪いこともあります。


失望することもあれば希望に満ち溢れることもあるでしょう。


悪い時でも、その状況を受け入れ、今自分がここにあることに感謝すれば、そのうち事態も好転していくのではないでしょうか。


また、悪い事態でも自分自身の解釈次第で捉え方は変わります。
マイナスが大きければ、その分、大きなプラスがやってきます。


誰でもマイナスな時がありますから、それをあまり深く考えないことだと思います。


line
人生、様々なことを選択する場面に出くわします。


特にビジネス上のことでしたら取捨選択を迷いますね。


そういう時は、なるべくロジカルに考え、即断できるようにしておきたいものです。


それで、選択を迫られた時「なにを基準に選んだら良いか」ですが、
それは単純に楽しそうな方で良いと思うんです。


それより、何かを選択するとき重要なのは、早く決断することですね。


決断には「正しい決断」や「間違った決断」がある訳ではありません。

あるのは、「早い決断」か「遅い決断」かです。


考えすぎて決断が遅いと全てパーです。


対して、極論ですが「早い決断=全て正解」だと思います。


人生、選択を迫られた時は、全て前向きに即断即決。

これでいきたいものですね。
line
ビジネスにおいて失敗することは避けたいものです。


しかし、それも考え方であり、失敗したことがない成功者はいません。


本田宗一郎さんでさえ、何度も倒産の危機を乗り越えて会社を成長させています。


ロバート・キヨサキさんはこう言います。

「敗北によってやる気を奮い立たせるものが勝者となり、
敗北によって打ち負かされる者が敗者となる。
勝利の最大の鍵はここにある。
だから負ける事を恐れてはいけない。」



失敗しようが成功しようが、すべては考え方です。


95年、バスケットボールのマイケル・ジョーダンさんが引退後復活します。


そのころシカゴブルズはジョーダンの抜けた穴を埋められず苦戦していましたが、ジョーダン復帰により勢いの増したブルズはプレイオフに進みます。

しかしマジックにジョーダンのミスで破れてしまいます。
ジョーダンでも2年間のブランクは大きかったということです。


しかしこの屈辱がマイケルジョーダンの闘争心に火をつけます。


翌年、ブルズは至上最高のシーズン72勝10敗の記録を作り、マイケルジョーダンも得点王を獲得します。


マイケルジョーダンさんはこう言います。


「俺は、何度も何度も失敗した。打ちのめされた。それが、俺の成功した理由さ」

「新しいことを始めるのは怖くない。怖いのは、新しいことを始めなくなることだ。」



スーパープレイヤーの思考に学ぶところは非常に多いです。

これを凡人の私たちが生かさない手はないですよね。
line
エリック・クラプトンさんの言葉でこういうのがあります。



「ステージに上がったとき、
自分が一番上手いと思え。
ステージを降りているとき、
自分は一番下手だと思え。」



また、よく言われる言葉にこういうのがあります。

「悲観的に準備し、楽観的に対処せよ」


これは元々、第二次世界大戦時に大本営作戦参謀を務め、戦後は伊藤忠商事会長などを歴任した瀬島龍三さんの言葉らしいです。


何事も最悪を想定して準備し、
事に臨む際、最大のパフォーマンスを導く為には「楽観視」。
こういうことでしょう。


いざ勝負という時には、それまでの準備を根拠に、意識して楽観視できるよう在りたいものです。


line
誰でも仕事なんかでくやしい思いをした経験はあると思います。


そんな時どうするか?


何かの本に書いてありましたが、

「そういう時は自分の心の中にくやしい思いを溜め込んでおいて黙って仕事にぶつける。」


周りに愚痴を言ったりするのも良いのかもしれませんが、私は黙って我慢するタイプの人間を目指したいと思います。



そういえばサラリーマン金太郎がこんなことを言う場面がありました。


「男はプライドで生きていくもんだ……
俺のプライドはあんたらに屈する必要はないと言ってるんだよ」



…確か金太郎が、「自分の無鉄砲のせいで会社が潰されたらどうするか」と目をつけられた大物フィクサーに問い詰められ、どうすれば良いかわからないながらも相手に言った言葉です。


いらないプライドもありますが、人生賭けるものに関してはプライドを持ってのぞみたいものですね。


line
藤田田さんですが、こんなことを言っています。



「ビジネスとは儲けることである。儲かるからこそ面白いのだ。どんなにきれいごとを言おうと、儲からなくては商売をする理由がない。売れないとか、景気が悪いからと言って嘆く人は、はっきり言って商人の資格がないと私は思う。ビジネスの世界は面白い。」


…すごくパワーに溢れた言葉ですよね。


さらに、こんな言葉もあります。


「儲けにガツガツするのはみっともないと思うから儲からないのだ」


つまり、商売って本来は泥臭いものですが、なんかそれを隠し格好つけようとする人が多く、それではダメだと。


もっとストレートに「儲けたい!」「だから情報をください!」と言った方がいい場合もあるということですね。

line
人は自然と、他人に対して「無い物ねだり」をしてしまいがちです。


つい自分に無い物をもつ人をうらやましく思ったり妬んだりしてしまいます。


石井久さんの言葉で次のようなものがあります。



「人の欠点が気になったら、
自分の器が小さいと思うべきです。
他人の短所が見えなくなったら相当の人物、
長所ばかりが見えてきたら大人物です。」



そもそも、自分に無い物を他人と比較すること自体、無意味です。



人の欠点を見てしまう自分がいれば、「自分はまだ人間の器が小さい」と思い、

他人の欠点が気にならなくなっても、「良い点を見つけることができる」よう意識し、

人の良い所ばかりが見える人間を目指したいものです。



そして一生、人間性の向上に努めるよう意識したいものですね。

line
みなさんそれぞれの人生において、こういう人生を歩みたいという理想や、こうなりたいという目標があると思います。



では、その理想や目標に到達するためには、どんな所に気をつければいいと思いますか?


もしくは質問を変えると、どういう考えを持った人が理想の自分に到達できていると思いますでしょうか?



2つの世界的企業、京セラとKDDIの創業者、稲盛和夫さんが、「人生を決める3つの単純な原理」として次のことをあげています。



「素直な心」

「熱意」

「努力」




この3つの言葉は、あまりに素朴で当たり前ですが、そういう単純な原理こそが人生を決めていくポイントだといいます。


ギャンブルがうまくいかない時、いろいろ考える前に、自分自身は
「素直であるか?」
「熱意を持ってのぞんでいるか?」
「本当に努力しているといえるか?」
心に問うてみるといいでしょう。


line
毎日「今日」がやってきて「明日」がその次に控えます。


計画は先の日付で立てますが、一番重要なのは「今日できることを全力でやりきる」ことです。



ベンジャミン・フランクリン氏は次のように言っています。


「今日という一日は、明日と呼ばれる日の二日分の価値がある。」


「今日」の計画を終える前に、「今日」を始めることがないよう心がけたいものです。

line
line

line
カテゴリ
line
プロフィール

のんびりサン

Author:のんびりサン
みんなで儲かって、賭博場を潰して世の中にギャンブラーをなくすために活動しています。
好きな歴史、自己啓発、確率統計の観点からギャンブルを斬ります。

line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
リンク
リンクフリーです。相互リンク大歓迎
line
sub_line
検索フォーム
ブラックジャックのススメ
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。