上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
みなさん、木こりの話というのを聞いたことありますでしょうか?



ある日の朝、旅人が山の中を歩いていましたら、
森の中で汗を流しながら一生懸命に木を伐っている木こりを見かけました。


そして夕方、同じ道を戻ってみると、
朝と同じ場所で、汗をかきながら一生懸命木を伐り続けている木こりがいました。


でも、あまり作業は進んでいないようです。


旅人は足を止めてよく見ると、木こりが使っているノコギリの刃はボロボロでした。


そこで、木こりに声をかけました。

「木こりさん、精がでますね。でもあんまり作業は進んでないみたいです。一旦手を止めて、ノコギリの刃を研いだらどうですか?」


すると木こりは
「旅人さん、なに言ってるんだよ。刃を研ぐ時間なんておいらには無いんだよ、木を伐るのが忙しくてさ。」



これ、私たちのギャンブルに置き換えてみるとどうでしょうか?


毎日やるべきことに追われて、結果を出すことばかりに集中し、自分自身の切れ味を悪くしていないでしょうか?


ギャンブルする前にまず、事前準備を万全にできる体制を整えることが先決ですよね。

line
アメリカを代表する思想家、ジム・ローンさんの言葉で次のようなものがあります。


最高に価値あるものとは、どんな人間になったかである



例えば、億万長者になるという目標を設定したとします。

そして、その地位にたどり着いた場合、100万ドルを手に入れることはできないと言います。


どうしてでしょう?



・・・それは、こう続きます。


まず億万長者の地位に到達すべき優れた人間にならないと億万長者になれない。


ということは、手に入れた富をすべて寄付するだろう。



…これはとても素晴らしい哲学ですよね。



目標達成如何は、まず人間性ありきであり、

人間性が目標を引き寄せる。


これですね。
line
こんなの見せていいのかわかりませんが、、、


Screenshot_2014-06-18-16-08-32.png


今月のコミッション、5200米ドル。
(このアフィリでは先月は0ですが・・・笑)


アフィリエイトでも商売でも同じなんですが、


単価 × 数量


ここをどう考えるかですね。


例えば目標値が100だとして、

 1(単価) × 100(数量)なのか、
50(単価) ×   2(数量)でいくのか。



商売は、具体的な数値で論理的に思考することが大切です。



それを鍛えるには、、、これが一番です↓↓


入金は不要!


さあ、レッツ ギャンボー!

line
藤田田さんが座右の銘にしていた言葉というのがあります。



凡眼には見えず、心眼を開け。好機は常に眼前にあり。


…藤田田さんらしい言葉です。会社の便箋に印字し毎日ことあるごとに眺めたそうです。


日々は同じような繰り返しに見えて、実は隠された好機が隠れているかもしれません。


それに気づくかどうかが人生の大きな分岐点になる可能性もあります。

line
「情熱」について稲盛和夫さんは次のようにいっています。


情熱は、成功の源となるものだ。成功させようとする意思や熱意、そして情熱が強ければ強いほど、成功への確率は高い。強い思い、情熱とは、寝ても覚めても、二十四時間、そのことを考えている状態だ。



また、松下幸之助さんも次のようにいっています。


一番大事なのは熱意だ。熱意にかけては最高でなくてはならない。



ギャンブルは、儲かる儲からない以前に「熱意をもって事にのぞんでいるかどうか」
ここですね。

line
人間は優れた仕事をするためには、自分一人でやるよりも、他人の助けを借りる方が良いものだと悟った時、その人は偉大なる成長を遂げるのである。


アンドリュー・カーネギー



何事も自分一人で事を成すのは困難です。



周りの方々がいるから成り立っていることが大半です。



その周りの方々の為になる行動をするよう、自分自身も心がけないといけませんね。

line
松下幸之助さんが常識から離れろということで、次のようなことを言ってます。



「実際、ああそれはいままで何度もやってみたんだが、できないんだ。」と決め込んでいることが、我々の身のまわりには意外に多いのではなかろうか。ときには自分の考え、また自分をとらえている常識や既存の知識から解放され、純粋な思いつき、というものを大切にしてみてはどうだろうか。



私たちは生活する中で常識にとらわれていきます。


たまには立ち止まって常識の概念を取り払い、考えてみることも必要かもしれません。
line
今自分がやっていることが好きであるかどうか。
それさえあれば自分を磨こうとするし、
常に前に進もうとする自分がいるはず

イチロー



好きこそ物の上手なれですね。


先日テレビで、パントマイムが大人顔負けの幼児や、ルービックキューブ6面を30秒くらいで揃わせることができる小学生が出ていました。


やはり鍛練が好きで毎日長時間の練習が苦にならなければ、それ相応の結果となるのでしょうね。


ギャンブルもこのくらい好きにならないといけませんね!
line
ビル・ゲイツさんはこういいます。


「知識は力なり」という古い諺があるが、これはときとして人に知識を独占する気持ちにさせる。知識を独占することで自分が欠かせない存在になると信じるからである。力は知識を隠しておくことからではなく、分かち合うことから生まれる。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。



博多で、明太子が何故こんなに普及したのかという話がありました。


それは、現在の明太子を最初に作った方が作り方を独占せず、無料でみんなに教えたそうなんです。


それで、「自分も明太子を作って商売しよう」という人がたくさん現れ、結果明太子は普及したそうです。


もし最初に考案した方が知識を独占していたら、ここまで広まることはなかったでしょう。


まさに、「知識は分かち合うことで力になる」ですね。


これは、ギャンブルにおける「情報」も同様です。
line
織田信長はこう言います。


生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。心構えがまるで違う。これが大事だ。


…凡人は才能が無いからこそ、頑張ることができます。

頑張れるから人間として成長できます。


目標に向かって邁進する中、人間性を磨き成長させる。


ここが大切です。

line
line

line
カテゴリ
line
プロフィール

のんびりサン

Author:のんびりサン
みんなで儲かって、賭博場を潰して世の中にギャンブラーをなくすために活動しています。
好きな歴史、自己啓発、確率統計の観点からギャンブルを斬ります。

line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
リンク
リンクフリーです。相互リンク大歓迎
line
sub_line
検索フォーム
ブラックジャックのススメ
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。